弊社現況と新戦力

2021年4-6月期の新地金価格は30円/kg高のNSP 280円となっています。
中国の電力消費抑制とグリーンアルミ政策、深刻なコンテナ不足などの要因が絡み合い、ステンレスや銅など、鋼材全般の市場価格も上昇し続けています。
何とも頭の痛い話ですが、7-9月期の価格を占う足下価格はさらに高騰しており、一部の問屋さんからは材料の安定供給すら危ぶむ声も。
 
GW期間中の業務につきまして、4/29〜5/9の間は休業日となります。
ご不便をお掛けしますが、宜しくお願い申し上げます。
 
芙蓉工業の加工設備に小さな新人が加わりました。
これまでは人力での作業に頼ることが多かった長尺アルミフレーム材の型断面へのタップ加工。
M12まで対応のトルクがあり、水平垂直精度も確保できます。
弊社のような工場では、コンピュータ制御よりもアナログな機械がのほうが扱い易くて重宝したりします。